超さぼったー!

  • 2014.11.08 Saturday
  • 22:19
IMG_0461.JPG
 題の通り、超さぼりました。ブログ更新。
前回の記事も写真だけで文章無いし。

 さてさて、10月半ばから週末もいまいちの天気で
あまり大きな行事事もなく。
平日もあいかわらずのペースで仕事しております。
景気良くないけど。

あ、10月末の天気の良かった週末。
毎年恒例の福井のお墓参り&温泉の旅には行ってきました。
武生の親せき宅に寄らせていただいた後、沙のリクエストの猫寺
IMG_0554.JPG
 本当の名は御誕生寺と言い、武生インターのすぐ近くにあります。
捨て猫や迷子猫を保護していて写真のように、写真よりもっともっと、
猫がたくさんいます。
 何かのメディアに取り上げられたのか、ぼちぼち参拝?者もおりました。
ひとなつっこい猫たち。
 沙もたくさんの猫に囲まれ満足気。

いつも通り甥っ子宅により、数件ごあいさつに回り、お墓参り。
夜は森の中の温泉に。
IMG_0597.JPG
もう寒い位だった。

下は翌日寄った恐竜博物館の入り口、ゆるキャラです
IMG_0625.JPG

 晩のおかずをスーパーで購入後帰宅
IMG_0628.JPG


 先週末、今週末は連続で沙の友達が大勢遊びにやってくる。
先週はハロウィンパーティで女子ばっかり5人ほど。
今日は男の子も女の子も10人くらい・・
何の会?
10人もいると結構それぞれ好きな事して遊んでます。
まあ、友達がたくさん来てくれるのはいい事なので一緒に遊んでます。

 先週日曜夕方はカラオケ行ったなあ。家族3人で
1時間、ほぼ沙の独断場だけどね。
一曲だけ歌ったけど声かれかれ・・
 IMG_0651.JPG
そんなこんなで10月〜11月、平凡に暮らしております。
まあ、もうすでに気付いたら11月も10日近いから
この調子で言ったらあっという間に年末でしょうがね。

さて、つづき。

  • 2014.09.20 Saturday
  • 21:20
写真.JPG 
 3日間の関西方面出張から帰りました。

さて、続き。
と、言っても前回で夜まで書いたけど。

 気持ちいい天気に恵まれたキャンプ。
子供らもほんと遊ぶだけ遊んで、大人もおいしい魚とお肉を楽しみ。
そろそろお休みの時間。

 ランタンの明かりの元、
みんなが寝た後、しばらく本読んだり、たまに暗闇に行って星観たり。
してたけど、寒さと眠気に襲われ。
 とりあえず、いろんな道具やら何やら、タープの下に移動して、
タンクにためたお水で歯磨きしてもそもそとテントへ。
いつの間にかぐっすり眠っておりました。
写真.JPG
 さて、翌朝。
テントの外が明るくなってくる頃、
誰からともなく起き出し、ごそごそしだす。
 朝のコーヒーがうまい。

しばらくぼぉ〜っとした時間を過ごし、
またまた飯盒でご飯を炊き雑炊の朝食、ちょっと薄かった?
写真.JPG
そんな朝を過ごしたあと、わたくし気持ちよくもう一眠りさせてもらいました。
 うとうとする中、回りもせわしなく出発準備に入る様子になってきて、
大人は片づけ・・子供はまたまたバトミントンundefined
写真.JPG
遊べ、遊べ〜!

 最後に大人も交えたバトミントン勝ち抜き戦を終え、キャンプ場を後に。
その後、前回と逆方向の昼神の日帰り温泉であったかな湯に浸かる。
気持ちいい〜。
座敷でごろごろ。
沙の足むっちむちundefined
 写真.JPG
と、ここを最後に高速で一気に帰途に着きました。

さて、今回のキャンプ、いつもながら気まぐれ&行き当たりばったり的な
プランにおつきあいしてくれたD家、K家のみなさま。
ありがとうございました。
 今までに無い位の好天に恵まれたし、
おかげで9月にして今年初のキャンプをしっかり楽しませてもらいました。
お金も遣わせてスンマセン。

来年も、今度はフルメンバーで行きましょう!
早めに計画しますからね。わーい
よろしくね!

旅行2日目

  • 2014.08.29 Friday
  • 22:29
 写真.JPG
 旅館の夜の一枚。
そこそこ便利な所に住んでいると
テレビくらいしかない部屋はちと寂し。

で、持参の漫画を読む沙。

まあ、大人は酒飲んで寝ちゃえばいいいんだけどね。
気持ちのいい布団でぐっすり眠れました。

 翌朝はチェックアウト後玄関先にある釣り堀で、
岩魚釣り。

なんとか2匹をつり。帰宅後の夕食になりました。
きれいな魚体です。
写真.JPG

食いがしぶい・・。
 結構釣りに時間を取られちゃって出発は遅れ気味だったけど。
まあ、のんびりと。

人生初の「白山スーパー林道」

写真.JPG

 景色を観たいのでおかあに運転をまかせ、
じっくりと楽しませてもらいました。
 ところどころに表れる滝。
たまに落ちてくる落石((笑)
ちょい怖い。

白山を望む雄大な景色のワインディングドライブ約1時間。
う〜ん。気持ちいい。

 そして今回のラスト。
林道を出ると、ここになります。
「白川郷」


 沙も初めてだった。
とりあえずこの展望台のソフトクリームを食べたそうだったけど、
一応、現場まで我慢(笑)

 世界遺産だけあり、やはり結構な人だったけど、
風情のあるもんでした。
ここだけ異世界のような不思議な空間に思え。

 でも、当然だけど、マイカー規制で、
前来た時には無かった大規模な駐車場やら、お土産屋さんやら。

そりゃ、こうなるわね。

と、ここを最後に一気に帰宅。
すごい事にこっから約2時間位で家に着きました。
ほんと、交通網の発達。
便利なもんです。


 今回の旅行。いつもながら直感的に考えたプランではあったけど、
沙もまあまあ大きくなってきたし、
こんな大人向き風なコースも家族揃って楽しめるようになってきました。

わっはっは。

金沢ー白山

  • 2014.08.26 Tuesday
  • 22:06

 週末、旅行に行ってきました。
行先は金沢〜白山〜白川郷

なぜか。
最近、定期的に東海北陸道を縦断して金沢出張に。
よく行ってます。

出張なので、遊びはありません。
いつも素通りのいい景色、金沢の街なんかもしっかり観れない。
だから・・です。

写真は行きがけ、ひるがのSA.
ここも出張の際にたいてい立ち寄るナイスビューポイント。
気楽に眺めてみたかった。
うぉ〜〜〜!

旅行≒おいしいもの。
沙、ここでまずはストロベリークレープ
なぜか表情はしぶめだけどね。

写真.JPG

金沢到着。
こっから白山の山奥の宿まではちょっと距離もあるので限られた時間。
どこを選んだかと言うと。
兼六園でも、金沢城でもありません。
会社の後輩から聞いてぜひ行きたかった。お寺。

 と、その前に腹ごしらえ、グルメの旅だからね。
これまた、北陸に数件あるラーメン屋「世界」
ここは自分的には太麺とスープの相性に違和感を感じるも、
あつあつにこだわり、チャーシューにこだわり、元気さにこだわり、
トータル的にはいいラーメン屋さんです。
沙もいつもどおりあっさり系の塩ラーメンで満足。

写真.JPG

さて、その後目的地のお寺「妙立寺」
これから行く人にはネタばれになりますが。

ここ、別名「忍者寺」と呼ばれてて、
その名の忍者には何の関係もないんだけれど、
加賀、前田家と縁も深いお寺、

 そのため、歴代の主君も頻繁に祈願に訪れたため、
お寺自体には様々なからくりが・・・。
外見は2層、実の所、その内部は・・・

お寺らしからぬ、システマティックな段取りで入場(要電話予約)
休日で混雑ながらも少人数に割り振られ、
手際よく内部をガイドしてくれます。
ガイドさんなしではおそらく一度入ったならば簡単に外に戻る事は
できないであろう仕掛けと複雑な内部。

知らずに勝手に歩き回ったらたぶん2回位は落とし穴に落ちるかも
なんでも、井戸の横穴は金沢城に通じてるとか通じていないとか。
そんな中でも風情を大切にした部屋や通路なんかももあったりと。
40分位のガイド、しっかり楽しませてもらいました。

沙には何のお寺か話してなかったから余計楽しかったかも。



 その後、時間があれば武家屋敷街並み、
近江市場なんかも観たかったけど、ほぼ車で通るのみ。
そろそろ夕方も近い。

写真.JPG
町屋に少しだけ立ち寄る。
う〜ん、雰囲気あるねえ。



さて夕方、今回予約のお宿は。
市街から1時間半ほど白山ろく方面へ入り込む。
「千丈温泉 清流」って、山奥の公共的な旅館。
このシーズンのわりには安くて、クチコミもよさげなので選んだ所です。
まあ、その通り、こじんまりとアットホームな宿でした。

山奥なので涼しいしね。
晩は山の幸の料理。
お寿司でもサーモンにどはまりの沙もにじますの刺身はかなりうまかったらしい。
白山地域には数件の蔵元があるらしく、料理とその日本酒がぴったりで・・
もう

写真.JPG

 おいしい夕食後、星を眺めに外をぶらぶら、
部屋に帰って沙とひと暴れした後は気付いたら朝でした・・。

さて、長くなったので続きはまた後日!
 

またまた福井

  • 2014.02.27 Thursday
  • 12:08
P2014_0227_120652.JPG
春のきざしが(-_-)

福井県大野市

  • 2013.09.22 Sunday
  • 15:25
L03B0006.JPG
 なぜだか、9月の週末は色々重なり、急がし楽しい。
峠から望む大野市、このふもとあたりに甥っ子姪っ子宅があります。

連休後半の日月は毎年恒例の福井へのお墓参り。
お墓参り?
 
 1泊で行くこの行事、年々旅行色が濃くなってきます。
お墓参り、というより、福井県のうまいもの参りと言った方が正しくなってきた
今回も福井をしっかり満喫してきました。

 まずはもちろんメインのお墓参り、大野市と勝山市。
2か所のお墓をしっかり参り、よめはん家の知人宅を数件、
その後、甥っ子姪っ子宅を訪れ、

この時期はお米の刈り取りの時期で農家は大忙し。
なのにいつもお米や野菜、たくさんのお土産をいただいております。

 さて、ひととおりの用事を済ませ。
よめはん母さんのリクエストもあり、毎年海沿いの民宿なんかで泊まるけど、
今年は山。

 武生から山側に入った池田町って所にある温泉。
「渓流温泉 冠荘」
山奥での岐阜との県境です。
じゃらんで探して見つけたここ。
とてもいい所でした。

 ぐんぐん山奥に入った先にあり、周りは川と山のみ、
自然がいっぱいの一軒宿。
山道を少し迷い夕方に到着。

申し込み時の宿泊者の組み合わせに気を効かせてくれ、
広~い和洋室。
 さっそくそれぞれゆっくりしたり散歩したりお風呂に入ったり、
途中で買った漫画読み始めたりとのんびり、落ち着きなく過ごす。(自分)


温泉後のお料理。

こんなんやら
L03B0007.JPG

 こんなんやら

L03B0008.JPG

大人向きの料理なのでと宿から連絡があり、沙はこんなん、
お子様用プレート。(料理揃ってないけど)

L03B0009.JPG

 秋の雰囲気たっぷりのお料理。
山の宿だけあって、にじますのお造りやら、鮎の塩焼きやら、
山菜のてんぷらやら。どれもうまいです。
いいのかこんなぜいたく・・!
いいんです、平日は朝から晩まで忙しく仕事してるので・・

でも、晩も朝も一番うまかったのは
「ごはん!」かもしれません。

 福井のお米は本当にうまいです。
ビールと日本酒でいっぱいのお腹なのについつい食べてしまう。
小食??のよめはんもせっかく出されたからひとくちのつもりが止まらなかったと・・。

自分は朝もお茶碗4杯!
 普段では考えられん。

福井米をうちで炊いてもこんなにおいしく出来ないのに・・
旅館の人いわく、水と大釜とか。

 それだけでこんなに違いがでるものなのか?
なので、福井に行ったら是非、白いご飯がおススメです。ほんとに

さて、翌日、
旅館から5分程の所にあるそば道場、
今回はここでそば打ちに挑戦。

多少混んでるかな・・なんて思ってたけど、山奥すぎるのか、
体験者は自分たちだけ…

そば粉+つなぎに少量の中力粉から、

L03B0023.JPG

これに少量の水を入れ指を立ててひたすら混ぜる

L03B0024.JPG

 沙ひとりの写真ですがところどころ大人も参加。
すこしずつ固まっていき、団子状になってこねてこねて
こんなんに。
 (このうずのような形にしたのは師範です)
L03B0030.JPG
 
 そしていよいよ麺棒で延ばす作業
力をいれて苦労してここまでなりました。

L03B0039.JPG
 
こんなんして円かった生地を四角くします。

L03B0040.JPG

 包丁入れ、
この後おとうにかわってきしめんみたいのが混ざる。

L03B0044.JPG

 で、完成のそば

L03B0045.JPG

もうっ!朝旅館でごはん4杯食べたっていうのに!
完成時、まだお昼前!
 つるっと食べちゃったけど。

 とまあ、こんな感じのお墓参りでした。不謹慎?
まあ、いいでしょ。

 ああ、また無性にごはんが食べたくなってきた。

この連休

  • 2013.07.16 Tuesday
  • 08:32
P2013_0714_133033.JPG
 寝乱〜れて、隠れ〜宿、九十九〜折り、淨連のた〜き〜。
舞いあ〜が〜り〜、揺れ落ちる〜、肩の向こうにあな〜た〜。
や〜〜〜まあが〜もえ〜る〜♪

の淨連の滝です。前置き長っ!

 連休は静岡方面に遊びに行ってました。
天城峠を越えて、国道沿いから入るここ、
10分弱ほど結構な下り道。
お陰で数日経った今も足は筋肉痛です

一歩降りるごとに涼しくなり、下った先の滝まわりはひんやりと気持ちいい。
さすがにそれなりに観光客は多かったけどしっかり休養してきました。
車ごしだけど、シルエット的な姿の富士山もしっかり見えました。
写真は後日・・・。

続・プーケット

  • 2013.06.02 Sunday
  • 18:31
 今日も一日下痢の止まらなかった管理人です。
 
さて、プーケット旅行の続き。
日本人の自分たちはやっぱり終始動いていないと気が済まない
(特に自分は )

2日目はオプショナルツアーでラフティング、ゾウに乗ってのサバイバルハイク等に
向かうもそれ以外は昼も夜も街をうろうろしておりました。

今回宿泊のホテル、ビーチからも繁華街からも歩いてすぐの好立地でした。
ありゃ!なんか写真で見ると足場を組んだちょっとぼろいホテルに見えないこともないけど、
これはデザインです!

 現地到着の日、仏教祝日の日とかで国ごとアルコール禁止とガイドさんに聞かされる・・
冷静を装いながらも心の中は穏やかではありませんでした。
ホテルにチェックイン後、早速近くのコンビニに、
酒がおいてあるので何食わぬ顔でレジに持っていくと、やっぱり「NO!」
「1時過ぎからなら売れる」との事・・・。

 まあ気を取り直してビーチや街に出る。
パトンビーチ、人もまばら、波が結構荒い。
日本の浜ならサーファーが来るくらい?


 ビーチ、繁華街、ショッピングセンターと回り、
雨季に入っているらしいのでときおり激しいスコールに足止めをくらう。
夕方雨も落ち着き晩に向かう。

仏教祝日なのでいつもなら相当賑わっているであろうメインストリートも
今日はがらがら。
 奥の方にあるシーフードレストランに入り、開口一番「びあ OK?」
すると店員さん「OK!OK!]
予想外の展開!!

これは2日目に撮ったのですが、タイのビールの代表格2銘柄。
どっちもうまい!
SINGHA!!気に入りました。

そしてタイの料理・・いくつか。
辛いのと甘いのが同居している感じ、
一口食べると甘いけど、後から辛さが来ます。
あと酸っぱい系も多い、
テンプラって名前もそのままな揚げ物なんかやチャーハンなんかは
日本人の舌にも良く合います。
P2013_0524_190820.JPG
 上はチャーハン、こっちで言う青菜炒め、パパイヤサラダ(辛酸っぱい!)
下は2日目のレストランで食べたタイ料理のセットみたいなもの、
トムヤム風スープ、カレー等もしっかり盛り込まれています。

 道端の露店では焼き鳥やなんかも多かった。
これをつまみながらビール片手になんてのもおいしそー!



そんなこんなで一日目の夜はこの後3人並んで本当に陽気な
おばちゃんたちから、タイ古式マッサージをぐいぐい受け明日に備えたのでした。

翌日はラフティングとゾウ、
街から2時間位かけて行くジャングルの中、
しかし、この日、ラフティングはびしょびしょになるからカメラ持って行かなかったし、
ゾウも大雨の中乗ったからカッパ着て傘さして・・で残念ながら写真は撮れなかった。
ラフティングは雨降っても関係ないしちょうど晴れ間も出たからかなり楽しめたけどね。
写真はゾウの曲芸・・ここまで来てちょっとシュールでもありますが。


夕方戻って、この晩はもう禁酒も無く、
繁華街も・・・すごい雰囲気でした。
写真は時間早めの全然おとなし目のお店です。
 遅い時間のお店の写真は少しあるけどちょっと載せられないかな・・。

 週末ともあり・・バーやライブハウスなんかをはしごして、
お約束のうようにちょっとぼられて・・。
(これだから日本人は・・を自ら演じ反省)

海外に居る気持ちなりにほどほどに、すっかり酔っ払い世は更けていくのでした。
そしてこの連日の食事と強行がたたり、今の状況に至る・・。

楽しんできたからいいけどね!
タイ・・一生でまた行く事があるのだろうか・・?


 

疲労

  • 2013.06.02 Sunday
  • 10:26

 強行の旅がたたり帰国後、体調を崩して更新が遅れておりました。

月曜朝、日本に戻り、そのまま仕事、
火曜日位に高熱が出るもはずせぬ仕事、無理やり動き、
今現在、水道の蛇口をまわしたかのような下痢に夜毎トイレの往復。
まあ、昨日今日の週末でだいぶ休養できてきているけど。

もう若くない・・・

 前回の記事で「修行の旅」と書いたけど、
なんてことは無い、社員旅行です。
行先はタイ、プーケット。
P2013_0524_133656.JPG
南の島です・・が写真のように濃密なアジアです。ナイス!

木曜お昼過ぎまで仕事をし、
さあ行こうという所で旅行会社から電話。
「名古屋ーバンコク便が遅れておりまして、乗り継ぎのプーケット便は最終便なので
 間に合いません。航空会社がバンコクでホテルを用意してますが、無償キャンセルも
 承ります・・・。」

いきなり出鼻をくじかれるもそんな事には中国で慣れっこの輸入会社、
夜はバンコクのエアポートホテル泊まり。
まあ、到着自体遅い時間だから問題なし。
翌朝プーケットに向かう。


 名古屋からバンコクに向かう飛行機から、伊勢湾です。

バンコク空港、さすが敬虔な仏教国、こんな仏塔のようなものがあちこちに。

 深夜バンコクに到着しホテルで一泊、長い工程を経て、ようやく目的地へ。

プーケットは有名なビーチリゾートで欧米、中国、韓国、日本、香港、シンガポール、
オーストラリア等からの観光客でいっぱい。
昼間っからビーチでごろごろするすっかりお腹のでたアメリカ人、
バーでビール飲みながらスポーツ観戦するオーストラリア人らであふれています。
こんなリゾートでどう過ごすかはお国柄も表れるというもの、
 我ら日本人のおじさん3人は・・・


 続きは次の記事で・・。
 

タイ・修行の旅

  • 2013.05.23 Thursday
  • 18:27
P2013_0523_182534.JPG

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM